キャッシング比較

目的別キャッシングの選び方|キャッシング比較

たくさんあるキャッシング会社の中から、どの会社を選んだらいいのか悩む…どの会社が一番いいのかは、その人の状況や目的によっても違ってきます!目的別にどう選んだらいいのか、どういうキャッシング会社を選ぶべきなのかを紹介して行きましょう。学生の場合は、学生ローンとは何か、どこからお金を借りることが賢い選択かいろいろ検討してみましょう。

 

はじめての人にオススメなのは?

まずはじめての人にオススメなのはどういうキャッシング会社でしょうか。はじめてキャッシングをする、という方が選ぶべきキャッシング会社の条件は次のようなものが挙げられます。

 

  • 知名度が高くて安心
  • 申し込み方法など手続きがわかりやすい
  • 1回きりなど単発の利用なら無利息期間のサービスがあるもの

 

はじめてキャッシングを利用する方の場合、キャッシングに対する知識がまずありません。違法業者などに手を出してしまわないよう、やはりはじめは知名度が高く安全な会社を選択するのがベターです。また、知名度が高いような大手ですと、申し込み方法などの手続きがわかりやすく、スマートフォンなどからも手軽にかんたんに申し込めるようなものも多くあります。

 

また、普段はキャッシングを利用したりはしないけれどどうしても困ってしまって今回だけ利用したい…という方もなかにはいるでしょう。そうした方でしたら、はじめての利用の方に無利息サービス期間のあるキャッシングを選ぶというのも手です。期間は30日間など限定的ではありますが、その間は利息がかかりません。はじめての利用の場合、利息に対する不安を持つ方は少なくありません。利息が一定期間だけでもかからない、と思えばチャレンジしやすいのではないでしょうか?

 

即日キャッシングならここがオススメ

即日キャッシングで選ぶのであれば、どういった条件を満たしていればよいのでしょうか。実は、即日キャッシングの場合、単に「即日融資可能」としているキャッシングを選ぶだけではなく、即日融資可能ななかでもその可能性の高いところを選ぶ必要があるのです。即日キャッシングは申込をしたその日のうちにお金が借りられなければなりません。そのため、以下のような条件が必要になってきます。

 

  • 即日融資可能なこと
  • 審査スピードが早いこと
  • 銀行の営業時間を超えても融資可能な方法があること

 

なかでも審査スピードの早さは即日キャッシングの可能性を左右する重要な要素です。即日融資可能なキャッシングの審査時間は「最短30分」「最短即日」など各社で違いが見られます。大手の消費者金融の場合、その多くが審査時間を「最短30分」と早く、口コミをみましてもやはり即日融資を受けている方の多さがわかります。

 

また消費者金融大手の場合には振込融資の他に、無人契約機での即日カード発行ができるため、銀行の営業時間を超えてしまっていてもまだ即日融資可能な方法があります。こうしたことなどから、即日キャッシングで選ぶのであれば、やはり真っ先に検討していただきたいのは大手の消費者金融のキャッシングと言えるでしょう。

 

とにかく低金利で借りたい!

とにかく低金利で借りたい、というのであれば、やはり銀行カードローンはオススメです。消費者金融の最高金利はほとんどのところで18%程度となっていますが、銀行カードローンの場合、各銀行で差はあるものの、大手ですと最高金利は14%台のところが多くなっています。

 

キャッシングの金利は○%〜○○%というように幅を持たせた金利帯で表示されますが、ほとんどの場合、新規での申込ですと適用される金利は○○%の部分の最高金利です。そのため、金利の比較をするのであれば、最高金利の部分で比較するとよいでしょう。

 

とはいえ、金利が低いということは、その分、審査が厳しいということです。金利の低さだけにこだわりすぎても結局のところ審査に通らなければ利用することができません。低金利で借りたいという場合には、この点についても考慮しつつ、どこで借りるかを選ぶ必要があるでしょう。

 

もしも、今回限りの利用で短期間でもいいから金利が低いほうが…というのであれば、無利息期間のサービスのあるキャッシングを選ぶ、というのもひとつの手です。銀行カードローンではありませんが、プロミスやアコムなどでははじめての利用の方ですと30日間無利息でキャッシングできるサービスがあります。まずは返済シミュレーションをしてみて、どちらがお得なのか、今後の利用の有無など様々な観点から検討してみましょう。

 

まとまった資金を借りたい

まとまった資金を借りる場合には、やはりそれなりに利息が大きくなってしまいます。また、借入をするところや金額によっては借入できない場合があります。まとまった資金を借りる方は以下のような点に注意する必要があるでしょう。

 

  • 金利が低いところ
  • 最高限度額の高いところ
  • 自身の年収の3分の1を超えるような借入であれば総量規制対象外のカードローン
  • キャッシングやカードローン以外のローンで組めないか検討する

 

まず大口融資となればその分返済期間も長くなりがちです。返済期間が長くなればその分支払うこととなる利息も大きくなります。そのため利息負担を減らすためにも、できるだけ低金利なローンで組むほうがよいでしょう。またいくら借りるのかにもよりますが、最高限度額が希望額をカバーできるローンを選ぶことです。

 

消費者金融やクレジットカードキャッシングでは総量規制の影響を受けますから、年収の3分の1までしか法的に借りることができません。そのためもしそれを超えるような借入であるならば総量規制対象外のローンを選ぶ必要があります。ここまでの条件でいくと、やはりおすすめは銀行カードローンです。

 

でももし借入を急いでいない、決まった目的のためにお金を利用したいというのであれば、キャッシングやカードローンではなく銀行のフリーローンを選択する、というのもひとつの手ですね。フリーローンは目的を問わない、多目的ローンなどとも呼ばれるものですが事業制資金や投機制資金には基本的に利用できません。

 

カードローンとの違いは、カードローンは与えられた限度枠内で何度でも借入が可能ですが、フリーローンは住宅ローンや車のローンなどと同様に、一度融資を受けたらあとは返済専用のローンです。しかし、「海外旅行の資金のため」「教育費のため」など目的のためにだけお金を借りるのであれば、カードローンやキャッシングよりもぐっと低金利ですしまた新たな借入を増やす心配もありません。自分の使い道や今後の計画などよくよく考慮し、どういった借入がベストなのか考えて申込をしましょう。

 

ちょっとだけ、短期間借りたい

「給料日前、あと数日だけど生活費がなくなってしまった!」
「急な冠婚葬祭の費用をなんとかしたい!」

 

など、数万円、ちょっとだけを短期間借りたいという場合に向いているのは、クレジットカードキャッシングではないでしょうか。既にクレジットカードをお持ちの方でしたら、キャッシング枠がついていればその枠内ですぐにキャッシングが可能です。金利はどんなに借りても18%程度と少々高めではありますが、小額であれば消費者金融で借りても同じくらいの金利の適用になりますし、また短期間で返済してしまうのであれば金利の高さはさほど気にしなくてもよいでしょう。

 

また他におすすめするとすれば、無利息サービス期間のあるキャッシングです。無利息サービス期間内で返済してしまえば利息は一切かかりません。プロミスやアコムなどの大手消費者金融であれば審査スピードも早いため、ちょっとだけすぐ借りてすぐ返す、という方にもぴったりです。